「食欲の秋」食生活に注意しましょう。中性脂肪について。|すずらん調剤薬局グループ ~あなたに笑顔と健康を~

「食欲の秋」食生活に注意しましょう。中性脂肪について。

2020.10.17 すずらん調剤薬局 奥野店 ブログ

・中性脂肪ってどんなもの?

・ほうっておくとどうなるの?

・食事や運動で気を付けることは?

 

食欲の秋。

果物や海の物山の物など、食べ物がおいしい季節です。

同時に秋から冬にかけては、体脂肪が気になるシーズンです。

今回は食事や運動で予防できる「中性脂肪」についてのお話です。

 

中性脂肪ってどんなもの?数値が高いとどうなる?

食事を摂る事で、食べた脂肪や糖質は血液中に入っていきます。

血液中の脂肪や一部の糖質は、肝臓で中性脂肪に合成されエネルギー源となります。

余分なエネルギー源は皮下脂肪として蓄えられます。

 

皮下脂肪や血中の中性脂肪が過剰になると、どうなるのでしょうか?

 

皮下脂肪や中性脂肪が増えすぎると・・・

・メタボリックシンドロームと診断される

・善玉コレステロールが減少する

・血栓が形成されやすくなる

などの弊害がでてきます。

 

進行が進むと脳梗塞や心疾患につながるため、食事や運動、薬で数値を管理していく必要があります。

 

 

食事や運動で気を付ける事は?

食事や運動で気を付けることは、どんな事があるでしょうか?

・糖質の吸収を緩やかにする食物繊維を多くとる

・くだもの(果糖)の過剰摂取に注意する

・1日の摂取カロリーに注意する

・アルコールの摂取を抑える

・動物性の油である飽和脂肪酸の摂取を控える

・食事でEPAやDHAの豊富な青魚を増やす

・心拍数が少し上がる程度の軽めの有酸素運動を習慣にする

※重篤な心疾患を持っている場合の運動は医師の指示にしたがう必要があります

 

健康診断で予備軍として指摘を受けている方や、体脂肪が気になる方は出来る事から始めてみてはいかがでしょうか?