停電後の冷所保管の薬の扱いについて|すずらん調剤薬局グループ ~あなたに笑顔と健康を~

停電後の冷所保管の薬の扱いについて

2018.09.09 ソラリス薬局 (北広島) お知らせ

先日の震災で被害に遭われた皆様に対し、謹んでお見舞い申し上げます。

停電により保冷保管ができなかった薬の扱いについて当薬局に質問が寄せられておりましたので、こちらのページにおきましても一部ですが、ご案内したいと思います。

目薬について

ほとんどの冷所保管の目薬は数日室温に置いても問題ありません。
電力が再開後、再び冷やして下さい。

ただし、粉や錠剤を溶かして使うもの(保管期間が1週間や3週間などの短い時間に指定されていると思います)は使用を止めて下さい

また、温めると固まるもの(○○TGとか○○ゲル化などと表示されています)は十分に冷やして液体に戻してから使って下さい。

インスリンについて

自己注射用インスリンは開封後室温保管していると思います。そういったものですので、数日、室温に置いても問題ありません。

ただし、落下した場合、容器が割れている可能性があります。

容器に損傷がないことを確認した上でご使用下さい。

当店にてよくお渡ししている上記2種類についてご案内いたしました。

その他の品目に関しては個別にご案内致しますので、当店にお問い合わせいただければと思います。

ソラリス薬局